スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Unlimited Blade WorksルートⅡ
2007-06-20 Wed 00:37
 ―――さらばだ。理想を抱いて溺死しろ。


 六日目  アーチャー

 やはり溺死した人のいう言葉は重みが違う。


Fate/stay night (2) Fate/stay night (2)
TYPEMOON、西脇 だっと 他 (2006/10/24)
角川書店

この商品の詳細を見る
 いがみ合いつつもアーチャーを認める士郎の話。

 六日目は放課後に慎二に呼び止められて、手を組むことを断る。

 六日目は深夜になってから話が動く。キャスターの呪いにかかって、柳洞寺まで操り人形のように操られ、拉致された士郎。インタールードでセイバーは追いかけるも、アサシンに阻まれる。

 令呪が奪われようとした刹那、助けに入ったのはこの夜自由行動をしていたアーチャーだった。

 たぶんアーチャーは士郎を殺す気だったんだろうけど、弱い者を殺そうとしている分には見過ごすことはできなかったのか、キャスターとの間に割ってはいる。

 キャスターの驟雨の如くの高速神言という魔術の高速詠唱による魔力攻撃にも、自身が精製した偽・カラドボルグで、相打ちに持っていく。


 が、士郎が意地を張って弱ったキャスターを倒しにいこうとした瞬間、士郎はアーチャーに斬られるのだった。

 寸前で助かった士郎は、何とかセイバーと合流。帰還する。アサシンの助けもあって、事無きを得る士郎であった。


 翌七日目。凛の怒声であんぽんたんが聞けます。みんな一分くらい記憶が飛んだらしいw


 休み時間一緒にお昼を食べる二人。お互いの得意な魔術のことなどを話し合っています。いつの間にやら距離が縮んでますね(・∀・)ニヤニヤ


 そして、五時限目にはいっても話し続ける凛と士郎。凛はどうやら昨日アーチャーが独断で士郎を殺そうとしたことを謝り、さらには令呪まで使った模様。さすが凛というべきか。

 そして学校に結界が発動。士郎はセイバーを令呪で召喚。サーヴァントをセイバーに任せ、士郎と凛は結界の起点を目指す。

 するとそこにいたのは既に死んでいたライダーと、令呪を失った慎二。どうやら別のマスター&サーヴァントに敗れた模様。ライダーは最後のシナリオにならないと浮かんでこないキャラクターですからね…。


 八日目。柳洞寺にキャスターがいる。なのでマスターは柳洞寺関係者ということで一成が疑われる。

 士郎は、昼休みに一成を上着を引っぺがす。イイDEATHね、士郎に上着を脱げと言われた時の一成の慌て振りはw

 さて、幕間で教会に逃げ込む慎二。そこで出迎えた言峰は慎二にマスターが欠けたサーヴァントを貸し出すw 

 慎二・そして桜もいないので気になった士郎は桜の様子を見に間桐邸へ。そこで私服姿の凛を見かけて動悸が激しくなるという純朴振りにもほどがあるんじゃないかって言う。反応。これが若さです(ぉ

そこでギルガメッシュを見かけるのであった。

 その夜、士郎は藤ねえにからかわれる。何故士郎は正義の味方になりたいのか、と。そして士郎はそれに答えられないのだった。

 自分は切嗣のようになりたかった。しかし、それは本当に自分の願いなのだろうか……。


 日付的にはようやく半分。でもシナリオ的にはまだ三割五分というところかな…。

スポンサーサイト
別窓 | PS2版・Fate stay/night | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<CLAYMORE SCENE12「果てなき墓標Ⅰ」 | 根無草の徒然草 | エヴァ新刊とか>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 根無草の徒然草 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。