スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
戦場のヴァルキュリア 第二十章 「愛しき人」
2009-08-21 Fri 21:23

 第7小隊の活躍により、劣勢になりつつある帝国軍。

 マクシミリアンは本国から指揮権の剥奪を言い渡され、ガリアに総力戦を挑んできた。決戦地ナジアル平原で、士気も高く戦地に立つ第1小隊に、対するはマクシミリアンが指揮する大型戦車ゲルビル。激戦の中、蒼いオーラに全身を包み、巨大な槍と盾を手にしたセルベリアが、ファルディオたちの目前に立ちはだかる。そして、ダモン将軍の意向により後方支援を命じられた第7小隊や、兵士を鼓舞するため戦地を訪れていたコーデリア姫の元に、衝撃が走った……。

 
戦場のヴァルキュリア 3 [DVD]戦場のヴァルキュリア 3 [DVD]
(2009/10/07)
千葉進歩井上麻里奈

商品詳細を見る

 というか第一小隊が一斉に死にフラグ立てまくってた…。

 ファルディオ以外全員戦死、というか骨ひとかけら残ってない余りに無残な…。

 ヴァルキュリア人であることを差っ引いても、これはあまりに理不尽な攻撃力だなぁ…。

 これだとゲームバランスが悪すぎるんじゃないだろうか…。

 ラマール戦死。というかセルベリアの強さの引き立て役でしか無かったんだなぁ…。惜しげもなく散っていく第一小隊。

 そしてヴァルキュリア人に脅威を感じたファルディオはそのまま疑惑のアリシアを射撃。なんかどつぼにはまっていくような。ファルディオは完全に狂人扱いになってしまうんだろうか。

 んで、アリシアが脅威の回復力を見せて、コーデリア姫の武具で戦線復活てな流れでしょうかね。
スポンサーサイト
別窓 | 戦場のヴァルキュリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ティアーズ・トゥ・ティアラ 第20話 「ルキフェル」 | 根無草の徒然草 | Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第20話 「故郷」>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 根無草の徒然草 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。