スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
涼宮ハルヒの動揺 の感想
2008-09-26 Fri 02:15

 涼宮ハルヒシリーズの第6冊目。これも中短編集。

 
涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの動揺 (角川スニーカー文庫)
(2005/03/31)
谷川 流

商品詳細を見る

 
 

・ライブアライブ

 アニメではその超絶な演奏に度肝を抜かれたな。でもこういう学園祭は楽しそうだ。
 朝比奈さんの焼きそばの給仕はぜひ受けてみたい。というか水道水はタダで飲み放題とか、めがっさ似合ってるでにょろ?とかって本当に言ってたんだな…。

・朝比奈ミクルの冒険 Episode00

 これはアニメ第一話。最初見た時は何かと思ったが。
 それにしても登場人物の声が、アニメ声優の声で脳内再生されてしまうなぁ…。

・ヒトメボレLOVER

 長門メインの話。長門へのラブレターをキョンから長門へのラブレターに誤解したハルヒの反応が非情に愉快。当人はそのつもりなくても、気が気ではないのだろうね。
 告白の間違いに、最後の少しだけ残念と漏らした長門に、キョンの胸中はいかに。

・猫はどこに行った?

 書き下ろしの短編。この前の幻夢館と同じ日でいいのかな? ハルヒは小説もアニメと一緒で時間軸がぐちゃぐちゃ。でもこういったのって計算して作られてるのだろうか。
 鶴屋さんがあまりにすごいので、本当に普通の人間なのだろうか…。改造人間とかじゃないだろうか…。

・朝比奈みくるの憂鬱

 珍しく?みくるにスポットが当たる話。そしてみくるの憂鬱という彼女とは無縁の物語…のはずだったのだが。
 オチは相変わらずなのだが、むしろハルヒの嫉妬ぶりに(・∀・)ニヤニヤする。キョンとみくるの距離がぐっと縮まった話。やはり読んでて自分も(・∀・)ニヤニヤ

 これで2/3終了。
スポンサーサイト
別窓 | 涼宮ハルヒの憂鬱・小説版 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<マクロスFRONTIER 第25話 「アナタノオト」 | 根無草の徒然草 | 小山力也×広橋涼のあかね色に染まるラジオ 第26回>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 根無草の徒然草 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。